乾燥肌対策をしよう 乾燥肌の症状を軽減するために
乾燥肌対策しよう
かゆみ
乾燥肌の方の中には、「かゆみをもっていて、辛い」という方もいると思います。
では、乾燥肌の方は、どうしてかゆみなどの症状が出てしまうのでしょうか。それは、肌が乾燥してしまうことで、角質層の重なり方が綺麗に並ばなくなってしまうため、はがれやすい状態となってしまうため。角質層の下には、知覚神経がありますので、例えば洋服などが擦れることで刺激を与えてしまい、かゆみを引き起こしてしまうことになります。
「じゃあ、どうすればこのかゆみを抑えられるの?」と思っている方もいるでしょう。かゆみがある方は、知らず知らずのうちにかいてしまい、白っぽくなってしまったり、傷などが付いている方もいると思います。こういった状態になってしまうと、よりかゆみの症状が悪化してしまうことになりますので、早めの対策が必要。かゆみのある場合の乾燥肌も、干し対策が一番のケアとなります。
特に、お風呂上りの肌は、すぐに肌が乾燥しやすい状態となってしまいます。そのため、お風呂上りの後には、すぐに化粧水やクリーム、ボディークリームなどを用いて、しっかりと保湿対策を行っていきましょう。どうしても、かゆみが治まらない時には、角質層に傷がつかない様に注意をしながら、かくようにしましょう。くれぐれも、爪でゴリゴリとこする様にかいてはいけませんよ。
かゆみを改善していくためには、角質層に傷を付けずに、しっかりと保湿ケアを続けていくことが大切となります。