乾燥肌対策をしよう 乾燥肌の症状を軽減するために
乾燥肌対策しよう
敏感肌
「肌が乾燥して、ケアが大変」という方の中には、敏感肌という方もいると思います。乾燥肌の中には、敏感肌という方も多くいます。しかし、乾燥肌と敏感肌、一見同じようにも思いますが、本当に同じ状態なのでしょうか。
では、敏感肌と乾燥肌について、ご紹介しましょう。乾燥肌は外気などの影響により、肌の水分が失われて乾燥を乱してしまうことになります。しかし、敏感肌の場合には、角質層のバリア機能が低下していることで、外部刺激、内部刺激によって起こってくる状態となります。敏感肌の方も、乾燥肌の方と同じように、かゆみなどが伴うこともあります。
ひどい症状の場合には、炎症などを起こしてしまうこともあります。また、敏感肌の方の場合には、年齢を重ねること、気温や湿度の関係、スキンケアなどの原因により、保湿機能が弱まったことで起きてしまっていることになります。中には、アレルギー体質という方も多くいるでしょう。アレルギーの場合には、遺伝からくるものといえるでしょう。
そのため、他の方が使える様な化粧品などでも、ピリピリとしみてしまったり、赤みを帯びてしまったりなどの肌トラブルを起こしてしまうことがあります。敏感肌の方が化粧品を選ぶ際には、成分などをしっかりと確認した上で、使うことが重要といえるでしょう。
このように、敏感肌の方の場合には、乾燥肌の方とはまた違った症状や原因が考えられます。乾燥肌で、更に敏感肌という方の場合には、まずは今使っている化粧品などが肌に合っているのか、気温や湿度などにも注意して保湿ケアをしっかりと行っていきましょう。